歌と発話

大人が幼児に対して、ゆっくりとした速さで、豊かなイントネーションで歌うように話しかけるのは「対幼児発話」と言われます。

母親が高いトーンで、ゆっくりと、抑揚をつけて、赤ちゃんに話しかける話し方「マザリーズ」です。

どちらも言葉の発達に関わってきますね。

赤ちゃんの心拍は歌を聴くと低下し、
絵本の読み聞かせでは上昇するそうです。
歌は鎮静、発話は活性、異なる働きを持ちます。


カテゴリー: 日記 パーマリンク