お顔みて

子ども達が教室に入って来たとき、
たいていは背中を向けてレッスンしている、
レッスンの方に気持ちが向いているので気が付かない事も・・・、
なので帰るときはしっかりとご挨拶するを決めています。

身体をピシッ!、お顔みて、「さようなら」
たまによそ見しながらご挨拶してると、お顔みて!
視線を合わせることを大切に、社会性の基本だと思います。

レッスンが思い通りに出来ても、
思い通りに出来なくても、
お顔みて、視線を合わせてご挨拶することで、
頑張ったね、大丈夫だよ、また頑張ろうね、
心が安定し、親しみが増すように感じます。

もしもジャングルでライオンに遭遇したら・・・?
目が合えば襲いかかってくるらしい。
野生の熊と遭遇したら目を合わせるな、なんて言いますよね。
視線が合うのは攻撃のサインらしい。
人間に近いチンパンジーは大丈夫らしいけどね。

やはり人間は違う。


カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.