日常に

神戸で介護予防音楽療法、
新年一回目はいつも『一月一日』で始まります。

いのしし年にちなんでの曲『亥の子』も、
♪ いのこ いのこ いのこもちついた はんじょうせ はんじょうせ ♪
四国、広島、岡山、などで歌われているわらべ歌です。

一月にはもう一曲必ず歌う歌、
『幸せ運べるように』阪神淡路大震災からもう24年たつんですね。
東灘区にお住まいだった小学校の音楽の先生が、
「子ども達の歌声で、壊れた神戸の街をつつみたい』
自分に出来る事は音楽で表現する事しかないと一気に書きあげられたそうです。
絶対に風化させてはなりません。

午後は新学期が始まった子供達、
「委員長になってん」
「係り決める時ジャンケンでまけた」
「明日から給食」などなど・・・。
日常に戻りつつありますね。


カテゴリー: 日記 パーマリンク